投薬方法を知ろう | フォルテコールを使用し、愛犬の心疾患の予防を

投薬方法を知ろう

器から薬が溢れている

体重測定を行い、フォルテコールの1回あたりの投薬量がわかった後はいざ投薬開始です。
フォルテコールの投薬は非常に簡単で、1日1回食前若しくは食後にフォルテコールを投薬します。
投薬方法は非常に簡単で、愛犬の口を手で優しく開かせ、そのまま口の中にフォルテコールを落とし、喉を指すって飲み込ませるというものです。
この方法というのは、一般的なペット用医薬品の投薬方法と同じです。
なので、今までに1度でもペットに対して自分で医薬品を飲ませた経験があるのなら、誰でも簡単に行うことができます。

フォルテコールは通常のペット用の医薬品と違い、薬自体にフレーバーが添加してあります。
その為、フォルテコールの匂いというのは通常のペット用の医薬品からするような独特な薬品臭ではなく、添加されたフレーバーの香りになっています。
なので、投薬の際には愛犬が薬の匂いを嗅いで嫌がるということもなく、口を開かせる際にも非常に簡単に開かせ、口の中に入れてあげることができます。

注意点として、フレーバーが添加してあるだけのため、薬自体に何かの味が付いているわけではありません。
その為、投薬後余りに長時間口の中にフォルテコールが残ったままにしていると、薬の味が口の中に広がり始めてしまい、薬を吐き出してしまう可能性があります。
なので、投薬の際には口の中に素早く入れ、素早く飲み込ませるようにしましょう。